2019/05/23 起業志願向け

個人事業主(業務委託)ドライバーって本当に儲かるの?

個人事業主(業務委託)ドライバーって本当に儲かるの?
運送会社に勤務して社員ドライバーとして働いていると、 なかなか上がらない給料に「独立すればもっと儲かるのでは」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。 また、他の職業でも収入が低く、もっと暮らしを良くしたいと思っている人もいるでしょう。
そんなドライバーとして独立すべきか悩んでいる人が最も知りたいのが、個人事業主ドライバーの収入がいくらくらいなのかということだと思います。
ここでは、個人事業主ドライバーははどのようにして稼いでいるのか、配送の仕事のやり方の違いによる収入の違いについてご紹介していきたいと思います。


①経費がかかる
個人事業主ドライバーとしてどれくらい稼げるかを考える前に、どれくらいの経費が掛かるかを頭に入れておく必要があります。
社員ドライバーならガソリン代や車検代など車のメンテナンス代は会社が負担してくれます。しかし、個人事業主は自分で負担しなければなりません。
一月のガソリン代が2万5千円、車検は2年に一度で10万円、自動車保険料が20万円だったとすると、年間の経費は最低55万円かかります。
その他、駐車場代や車の故障なども考えると、70万円はかかると思っておいた方が良いでしょう。距離を走れば走るほどガソリン代がかかりますから、年間100万円程になる人もいるかもしれません。
個人事業主ドライバーとしての収入を考える際には、必要経費についてしっかり頭に入れておく必要があるのです。


②一個100円~200円の歩合制の仕事
配送の仕事には、一つの荷物を届けるといくらという配送単価が決まっており、配送量が増えるとそれだけ収入が増える、歩合制の仕事があります。

配送単価は仕事によって変わり、100円から200円まで様々です。
そして、一日に配送できる量は、ドライバーの熟練度と配達地域によって大きく変わります。 熟練のドライバーなら一日100件ほどの配達をこなすことができますが、普通レベルだと60件、始めたばかりだと20件ほどしかこなせないこともあります。
また、配達する地域によって、配達できる件数が変わることがあります。 集合住宅が多い地域は配達がスムーズですが、地方の土地が広い一戸建てが多い地域だと走る距離が非常に長く効率が悪くなります。再配達が多い地域も、配達件数を増やしづらくなります。

では、配送単価や配送件数によって、どれくらいの年収になるのか計算してみましょう。
配送単価100円で一日60件、月25日働くと、年収は180万円、ここから必要経費が差し引かれます。
一方、配送単価150円で一日100件こなすと、年収は450万円、引くことの必要経費です。

このように、配送単価が安く配送件数も少ないとかなり低収入になってしまいます。そのため、歩合制の仕事をするなら、都市部の住宅が密集している地域で、ドライバーとしての経験がある熟練ドライバーが向いているでしょう。

注意したいのは、歩合制の仕事の紹介で「月50万円!」などと高収入をうたっている業務委託求人があるということです。
確かに、配送単価150円の仕事を一日150件、月25日こなせば、月に56万円以上の収入になります。しかし、一日100件でも難しいのですから、いきなり150件もこなすことができるとは思えません。
このように、あり得ない数字を提示する業務委託求人もあるので、注意が必要です。


③一日数千円から1万円前後の固定給の仕事
配送の仕事は、一定の仕事やルートが割り当てられ、一日の報酬が決められているという形態の仕事もあります。
例えば、1日7,000円~12,000円など、報酬額は様々です。
一日10,000円の場合、月25日働くと年収300万円の収入があり、ここから経費の70万円が差し引かれると、年収230万円となります。
これだけだとあまり高収入とは言えませんが、安定した収入を得ることはできます。
中には、一日の固定給が決まっているうえに、配達個数による歩合制の報酬が上乗せされる報酬形態もあります。


④チャーター便の仕事
配送の仕事には、顧客から特定の時間や場所を指定されて配達する、チャーター便もあります。 顧客が急いでいる場合や、確実に時間や場所を指定して届けたい場合などに、依頼が来ます。
報酬は、走行距離で計算されるケースや、拘束時間から計算されるケースなどがあります。
報酬が高額でおいしい仕事の場合もありますし、時間や場所が指定されて拘束時間が長いので他の仕事に支障が出るケースもあります。


⑤最も稼げるのはいくつかの業態を組み合わせる方法
歩合制の仕事や固定給の仕事、チャーターの仕事など、様々な形態の配送の仕事がありました。
最初は安定して稼ぐことができる固定給の仕事をし、ドライバーとしての熟練度を上げることで、 徐々に歩合制の仕事を増やしていくのが、個人事業主ドライバーとして収入を上げていくコツです。
個人事業主ドライバーとして仕事を卒なくこなせるようになると、固定給の仕事や歩合給の仕事、チャーターの仕事を組み合わせることで報酬を増やすことも可能です。


⑥まとめ
個人事業主ドライバーはどれくらいの収入になるのかを、ご紹介してきました。個人事業主ドライバーの収入は、歩合制なのか、固定給なのか、チャーター便の仕事をするのかなどによって、収入は大きく変わってきます。
歩合制は熟練ドライバー向きなので、最初は固定給の仕事から始めるのが良いでしょう。慣れて来たら、いろいろな形態の仕事を組み合わせて報酬を増やしていくことが可能です。


業務委託の収入の違いに関するお問い合わせはこちら

一覧へ戻る

OWNERS

への入会申し込みご質問等はお気軽にご相談ください!

への入会申し込みご質問等はお気軽にご相談ください!

048-778-7730
24時間受付中  048-778-7730